特に子供は熱中症には要注意!!
体温調節機能が十分に発達していない子供は、
大人よりも熱中症にかかりやすいといわれています。





・背が低いのとベビーカーなどで
地面に近い環境ですごくことが多く
大人が気づかないうちに熱中症になっているということも!!




・屋内は大丈夫だと思ってしまう。
運動以外でも体育館のような高温多湿での行動も
大人では気づかないうちに具合が悪くなっていることもあるので
室外と同じ対策を取ることが必要


 

・ついつい遊びに夢中になる
子供は遊びに夢中になると、
自分の不調になかなか気づきません。
気づいた時は症状が重くなっている可能性もあります。
大人が見守りこまめな水分普及を・・・



大人から見たこどもの熱中症の見分け方


・顔が赤い、熱が出ている。
・頭痛
・嘔吐や、吐き気を訴える
・寒気を訴える
・しんどそうにしている
・ふらふらしているまっすぐ歩けない
・鼻血
・手足のしびれ
・ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていない




処置のポイント


涼しい場所へ移動しましょう
クーラーが効いた室内や車内に移動
もしくは風通りのよい日かげに移動し寝かせる


衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう

熱中症で一番効果的に冷やすと効く場所=後頭部
後頭部を中心にくび、わきと冷やしていきましょう!





塩分や水分を補給しましょう
できれば水分と塩分を同時に補給できる、
スポーツドリンクなどを飲ませましょう。?